ゼロ金利は車買い替えの大チャンス

ゼロ金利の状態が長く続くと、車のローン金利にも良い影響が出てきます。
銀行の金利が下がると、カーローンや住宅ローン、教育ローンなどの金融商品を提供している信販会社が、低コストで資金調達ができるようになるため、低い利率のローン商品を販売できるようになるためです。
金利が下がっているとき、特にゼロ金利のときは、車を買い替えるよいチャンスであると言えるでしょう。
また、カーディーラーや中古車販売店などが、売上を増やすために「ゼロ金利キャンペーン」などと銘打って販売促進キャンペーンを行なうこともあります。
このときにゼロ金利となるのは、本来はローンを組む消費者が支払うべき利子を、ディーラーや販売店が代わりに支払ってくれるため、結果的にゼロ金利となります。
このような販売促進キャンペーンは、2周間から1ヶ月間という短い期間だけの限定キャンペーンとして行われることが多くなっています。
そのため、新車への買い替えを検討している人は、新聞のチラシや送られてくるダイレクトメールなどに目を通しておくことが大切です。
多くの企業で決算を迎える3月末の時期に、金利負担ゼロになる販促キャンペーンが行われることが多いのも特徴です。